農ある暮らしを訪ねる旅

イベント案内

発酵

Games

2017年4月24日

ならいごとの旅 in 台湾(10)山に生きるルカイ族の民族植物と愛玉づくり

0 件のコメント :

ルカイ族の集落で愛玉づくり


数年前、台湾の屋台で初めて愛玉という植物のことを知り、なんとか現物と加工の様子を見たいと思っていましたがやっと実現しました。

愛玉のタネからペクチンを取り出し、ゼリー状に固めた物が屋台でもよく見られるオーギョーチ。


そしてこれがそのタネ。


愛玉の樹(学名:Ficus awkeotsang クワ科イチジク属)は、台湾の固有種で、主に南東部の山間地帯で育てられているようです。


屏東からバスで約1時間。今回おじゃましたのはルカイ族が多く居住する高雄県屏東神山集落。ちょっと前までは、特別許可書がないと入域できなかった原住民の地ですが、いまは、検問所で入域日と時間を記入するだけで入ることができます。

多くの原住民の村は、民国88年(88風災)を受け、山をさって平地に移住していますが、神山集落、霧谷集落では、協会を中心とした昔ながらの石造りの町並みがのこっており、お米のない古い時代から受け継がれて来たラルマイ(台湾アブラススキ、中国名:油芒)や、ホンリー(台湾アカザ)、チナブというチマキに使う植物、餅を包む月桃など、在来植物を活かした食文化がいまに受け継がれています。
神山集落
霧台集落
タネがどこから現れたかを語り継ぐアジア・オセアニア地域に共通する「ハイヌヴェレ神話」とともに、世界の各地で共通してみられる「射日神話」があります。射日神話とは、昔、太陽がたくさんあり、これを弓矢で射落として現在のようにひとつにしたという神話。

日本でも太陽の象徴とされる三足烏を射る神話が三重、熊野地域にありますが、ルカイの村にも同じような神話があります。

そんなわけで、弓を射る銅像が村のあちこちに見られました。
太陽神話


神山集落にある神山愛玉店は、台湾の若者に人気のオーギョーチ専門店。その老板の親戚という「猟寮民宿」にステイしました。この民宿についてはあとで書きますが、かなり個性的なオーナーが20年かけてつくったという原住民族の固有文化である石板屋を活かした独特の建築、そして代替エネルギーや木彫アートのインテリアが異国情緒たっぷり醸し出しています。

オーナーに神山集落にある愛玉の樹を案内してもらいました。

もっと山奥にあるかと思っていましたが、なんと、家垣のようにそこらじゅうに生えていました。まさに藤蔓のように、ビンロウの樹に巻き付いて上っていきます。




愛玉には、雌株と雄株があり、雄株にも雌株にも実はなりますが、胡麻粒のようなタネができるのは雌株だけ。割ってみると、雌雄どちらの株かわかります。

受粉にはコバチがかかわっており、雄1に対して雌10-15株まで受粉できるといいます。12月から4月に開花し、干します。



割ってみると、乳液がながれてくる。これがオーギョーチが固まるペクチンの正体で、手がべとべとになりなかなかとれません。

雌株の果実にはタネがしきつまる


愛玉店のおばあさんに愛玉の使い方をレクチャーしてもらいました。

気をつけないといけないのは水の質。純水ではだめ、油がついた手で触ってはダメ。ミネラルを含んだ硬水が適していて、不純物があった方がペクチンと反応して固まりやすいのだそうです。


デモストレーションしてもらっているといつのまにか人が集まって来た!
泡がたってきたらそろそろできあがり

搾りかす

===============
<レシピ>
愛玉子 40g
冷たい水 3ℓ

ストッキングに愛玉子をいれて揉む。5〜10分後、水が濁ってくる。白い泡がたってきたら揉むのを止まる。常温で30分〜1時間置いておくとできあがり。

レモン、金柑、梅、パッションフルーツ、酒を入れて食べてもよい。粟や紅藜をいれることも。(愛玉店の陳先生のメモより)
===============

そして30分後・・・・。
お話を聞いている間にできあがりました。



愛玉店の97歳になるルバルバさんは日本語が話せるようです。日本名はうみこさん。



愛玉店のみんなと、霧台、茂林、瑪家集落を案内していただいた屏東科学大学の先生方と。




たねを仕入れて来ました。
日本でもやってみたいです。


石板屋セルフビルドの狩猟民宿



さて、神山愛玉店の親戚でもある猟寮民宿は、なんとも個性的なセルフビルドの民宿。

オーナー夫妻が20年かけて作ったというこの民宿は、原住民の伝統的な石建築を活かしたつくりになっており、手堀りの銅像や木彫があちこちにならぶ様子は圧巻です。

民宿からの風景





屋根に飾られた顔もおとうさんの手作り。原住民は髪を長くのばす習慣があり、屋根にひらひらと髪がたなびく姿は、お父さんの横顔そっくり!!

こちらもお父さん作。

お風呂は薪を炊くと、客室までストーブでお湯があたたまる仕組みになっている。オール非電化。


そして、おかみさんのトコイナ(イナは原住民の言葉でお母さん)は、とてもパワフルでユニークな人なつこい人柄で、楽しいジョークでもてなしてくれます。
お庭のハーブを摘んでハーブティーをつくってくれました。

イナの出身は、徒歩20分のおとなりの霧台集落。
こちらもおなじルカイ族の村です。

生まれ育った特別なおうちを案内してくれました。

霧台の旧居でトコイナと。
お庭には、ルカイ族の伝統的な石板屋をあしらったミニチュアガーデンが。

イナに集落を案内してもらいました。
原住民の多くはいまもキリスト教徒で、協会を中心にまちが構成される。


うすい石板を積み重ねた建築が独特の集落
協会の建築も石づくり。
手しごとの文化が今に残る。



霧台集落にある摩凱咖啡では、自家製コーヒーや愛玉の他、小米酒(粟のお酒)を絶景の見晴らしとともに味わうことができます。


コーヒー店からの絶景。


<その他オススメのお店>
神山集落の「佳人香草工坊」では、台湾の原生植物をはじめ、いろんなハーブを使ったお茶、パン、化粧品、調味料を販売。

ハーブに詳しいお父さんが、お庭を案内してくれます。





やはり私は山地の民が好きみたいで、この空気は、ブータンを思い出し、すごく懐かしい郷愁を覚えました。台湾で一番好きな場所かも知れません。きっとまたここにかえって来たいです。

 雨上がりの神山集落

神山愛玉
902台湾神山巷16-1號

獵寮民宿
902霧台村1鄰神山巷1之21號


<アクセス>
高雄〜屏東まで台湾鉄道で約40分。屏東からは屏東客運で霧台まで1時間

ならいごとの旅 in 台湾(9)ふくろうの森と藍文化の復興

0 件のコメント :


「1匹のふくろうのためにここに森を買いました。」

卓也小屋は苗栗三義の山奥にひっそりと佇むこの世界から忘れられた山荘。
三義駅からは公共交通がなく、タクシーで山を登ること20 分。そこには堆肥を使った有機農業、大陸から伝わる客家の藍染めの服作り、多くの生命を育む水源、自然生態と調和した暮らしがありました。温かく、懐かしい伝統的な農村を彷彿とさせる桃源郷が広がります。




鄭オーナー夫妻が一匹のフクロウに出会い定住することになったというこの土地は、実はふくろうだけでなく、鷲やかえるやトンボ、斑鬥魚(タイワンキンギョ)、蛍、蝶などたくさんの生命が満ちた天地でした。

水源を中心にデザインされた空間には、様々な植物や生き物に出会います。
園内地図

特徴は藍染め。受付の隣りの作業小屋では、沈殿藍の壷があり、常にだれかが藍染めをしていて、ビジターもワークショップに参加することができます。
藍染めの工房
体験コーナー
藍染めの加工過程

客家と藍染め文化

苗栗や美濃に多く居住している客家は、もともと中原に住んでいた民族で、知識人が多く、騎馬民族に追われて南下、広東省に移りすんだものの、シンガポールや東南アジア、台湾へとちりぢりに。台湾にも数百年前に移住の波があったといいます。ジプシーのように各地を転々とする「客人」の意味を込めて「客家(ハッカ)」とよばれているそうです。

故郷を転々としてきた客家ですが、独自文化へのアイデンティティーは強く、藍染めも客家の伝統文化のひとつ。台湾では、1850年から1905年は第3の輸出品目だったというほど、藍産業は栄えていたそうです。

日本の蓼藍とちがって、台湾の藍は、大藍、山藍ともよばれる大きな葉の品種。


いまや化学染料におきかわり、藍の生産量は劇的に減りました。ここの農場では、藍の生産から沈殿藍への加工、色の研究、デザイン、服作りまで取り組んでいます。

大地を傷つけない天然の藍染めによる文化芸術と産業の再興をめざし、いまや、卓也小屋の職員は50人にのぼるといいます。


山荘を散歩していると、偶然であった鄭さんに、普段公開していない研究所の中を案内してもらいました。
藍の農場


藍以外の植物を活かした天然染料の研究も
研究所では、藍の生産加工だけでなく、レストランで使う食材の生産加工も担います。
農場には、有機野菜や果物、ハーブの栽培をはじめ、にわとりもいました。

レストランで使う食材の加工
農場
ニワトリ小屋

散歩小道の脇には藍が植えられています。


堆肥作り

池の側に佇むレストラン

ランチは、セミバイキング方式で、農場で生産・採集された野菜をはじめ、伝統的な家庭料理を再現したメニューが並びます。



鍋の具材はバイキング方式。



サボテンのデザート

一棟貸しの古民家宿もあり、工房で製造された藍染めをあしらったインテリアが特徴的です。


ショップの展示コーナー

鄭美淑さんの藍についての想いが書かれた本
「又見一抹藍:大菁藍手10年記」上旗文化出版、2016年

台湾藍についての専門的な資料はこちら。



<レストラン>

大人:499元
小人、幼稚園:200元
幼稚園以下:120元

営業時間:
ランチ 平日11:30〜14:00
休日 ‧第一階段11:00〜12:40
   ‧第二階段13:10〜15:00
ディナー17:00〜20:00
電話番号:(037)879-198