農ある暮らしを訪ねる旅

イベント案内

発酵

Games

2017年9月10日

【10/21作り手に出会う旅】藍服と山の薬酒づくり

0 件のコメント :


薬草のルーツは宇陀に遡り、かつて阿騎野(あきの)と呼ばれた地で、推古19年(611年)、大和朝廷の薬狩りの様子が日本書記に記録されています。そして、数々の名だたる製薬企業が誕生した地でもあります(ロート製薬、ツムラ、アステラス製薬など)。日本最古の「森野旧薬園」や薬問屋であった細川家跡の「薬の館」も残っています

そんな薬草文化発祥の地で、植物に詳しく、お話も楽しい地元の方のご案内で、実際に山に入り、薬酒の原料を猟る「薬狩り」をし、2−3種類の薬酒をつくります。(ご注意:2時間ほど山を歩きます)

また、生活空間である土間で藍壷を守り続ける笠間藍染め5代目染め師のカヨさんを訪ねます。暮らしと切り離された体験施設でなく、等身大の暮らしに出会う作り手を訪ねる旅。ぜひ、ご一緒できればと思います!

ランチは、老舗料理旅館今阪屋さんの薬草弁当をいただきます。

In the historical record, Akino, today’s Uda city in Nara, was the renowned village to harvest medicinal herbs. It is reported that Empress Suiko visited to hunt herbs (AD611), which was recorded in Nihon-shoki (the oldest chronicles of Japan) . The streets have some facilities associated with medicine and herbs, including Morino Kyuyakuen (medicinal herb garden) and Kusuri-no-Yakata (the museum of medicine).

In this tour, we will viisit producers of natural indigo dying and medicinal plants, learning traditional knowledge of livelihoods which had been handed down from generations to generations. Please note that we will walk around 2 hours to look for medicinal plants in the mountain.

日時:2017年10月21日(土)10:00-17:00
Date: October 21st 2017 10:00-17:00


スケジュール Schedule:
10:00-12:00 笠間藍染め工房 Kasama Aizome Indigo Atelier
13:00-14:00 薬草料理 Medicinal Plant Lunch
14:00-17:00 薬草狩り& 2-3種類の薬酒づくり Hunting Wild Medicial Herb & Making 2-3 kinds of Mountainous Herbal Liquor

料金:3500円
含まれるもの:ガイド料、薬酒原材料、今阪屋さんの薬草弁当付
含まれないもの:現地までの交通費、藍染め(染めるものによって異なります。ハンカチ1500円〜詳しくはお問い合わせください。)
Participation fee: 3500 JPY
including: Guiding(English translation available), Medicinal Plant Liquor, Medicinal Plant Lunch from Ryori Ryokan Imazakaya

訪問場所:染め工房笠間藍染、大宇陀松山地区周辺の山
Destinations: Kasama Aizome (Indigo Dying), Ouda Matsuyama District and mountains nearby

集合場所:10時に染工房 笠間藍染 (〒632-0201, 620 室生下笠間 宇陀市 奈良県)、もしくは9:20に榛原駅でピックアップ可能
Meeting point: Kasama Aizome (620 Murou Shimokasama, Uda city, Nara prefecture) at 10:00 am or JR Haibara station at 9:20 am

定員:10名 (10 participants at maximum)

ローカルナビゲーター Local Navigators:
藤本勝也さん 薬草ガイド
宇陀市のまちづくりに取り組み、数々の薬酒など手作りされています。植物にまつわる楽しいお話がきけます。
Mr. Masaya Fujimoto
He is a medicinal plant guide in Uda city, introducing medicinal plant culture. His knowledge of traditional medicine is fascinating, and we will definitely have a fun from his story telling.

井上加代さん 笠間藍染め5代目染師
奈良に20軒あまりあったという藍染め工房も最後の1軒となりました。おじいさんから藍壷を受け継ぎ、いまでも自宅の土間で藍立てされています。土間での藍壷を数100年以上守り続けている工房は全国でもすくない。
Ms. Kayo Inoue
5th generation of Kasama Indigo dying. She learnt traditional dying from her husband's father. The aitsubo, base of indigo has been huded down for 150 years, which is very rare thing in Japan.

笠間藍染めについて About Kasama Aizome
http://voicecream.jp/try/kasama_aizome/
http://voicecream.jp/en/try/kasama_aizome/ (ENGLISH)

コーディネーター:
里山文庫 前田知里
オランダの大学院でアグロエコロジーを研究中、食文化や民俗の知恵を訪ね、インド、ブータン、日本の小さな農村を歩く。海外向け食農ツーリズムのコーディネーター&通訳ガイドとして活動中。

Tour Coordinator & Licensed English Guide Interpreter.
Satoyama Library Chisato Maeda
She studied agro-ecology for her masters degree in the Netherlands, and travelled around small villages in India, Bhutan and Japan to learn traditional knowledge of food culture and ethnobotany. She organizes off-the-beaten village tours and experience programs related to food culture and sustainable rural livelihoods.

URL http://www.satoyamalibrary.org/


薬草のルーツは宇陀に遡り、かつて阿騎野(あきの)と呼ばれた地で、推古19年(611年)、大和朝廷の薬狩りの様子が日本書記に記録されています。そして、数々の名だたる製薬企業が誕生した地でもあります(ロート製薬、ツムラ、アステラス製薬など)。日本最古の「森野旧薬園」や薬問屋であった細川家跡の「薬の館」も残っています

そんな薬草文化発祥の地で、植物に詳しく、お話も楽しい地元の方のご案内で、実際に山に入り、薬酒の原料を猟る「薬狩り」をし、2−3種類の薬酒をつくります。(ご注意:2時間ほど山を歩きます)

また、生活空間である土間で藍壷を守り続ける笠間藍染め5代目染め師のカヨさんを訪ねます。暮らしと切り離された体験施設でなく、等身大の暮らしに出会う作り手を訪ねる旅。ぜひ、ご一緒できればと思います!

ランチは、老舗料理旅館今阪屋さんの薬草弁当をいただきます。

In the historical record, Akino, today’s Uda city in Nara, was the renowned village to harvest medicinal herbs. It is reported that Empress Suiko visited to hunt herbs (AD611), which was recorded in Nihon-shoki (the oldest chronicles of Japan) . The streets have some facilities associated with medicine and herbs, including Morino Kyuyakuen (medicinal herb garden) and Kusuri-no-Yakata (the museum of medicine).

In this tour, we will viisit producers of natural indigo dying and medicinal plants, learning traditional knowledge of livelihoods which had been handed down from generations to generations. Please note that we will walk around 2 hours to look for medicinal plants in the mountain.

日時:2017年10月21日(土)10:00-17:00
Date: October 21st 2017 10:00-17:00

料金:3500円
含まれるもの:ガイド料、薬酒原材料、今阪屋さんの薬草弁当付
含まれないもの:現地までの交通費、藍染め(染めるものによって異なります。ハンカチ1500円〜詳しくはお問い合わせください。)
Participation fee: 3500 JPY
including: Guiding(English translation available), Medicinal Plant Liquor, Medicinal Plant Lunch from Ryori Ryokan Imazakaya

訪問場所:染め工房笠間藍染、大宇陀松山地区周辺の山
Destinations: Kasama Aizome (Indigo Dying), Ouda Matsuyama District and mountains nearby

集合場所:10時に染工房 笠間藍染 (〒632-0201, 620 室生下笠間 宇陀市 奈良県)、もしくは9:20に榛原駅でピックアップ可能
Meeting point: Kasama Aizome (620 Murou Shimokasama, Uda city, Nara prefecture) at 10:00 am or JR Haibara station at 9:20 am

定員:10名 (10 participants at maximum)

ローカルナビゲーター Local Navigators:
藤本勝也さん 薬草ガイド
宇陀市のまちづくりに取り組み、数々の薬酒など手作りされています。植物にまつわる楽しいお話がきけます。
Mr. Masaya Fujimoto
He is a medicinal plant guide in Uda city, introducing medicinal plant culture. His knowledge of traditional medicine is fascinating, and we will definitely have a fun from his story telling.

井上加代さん 笠間藍染め5代目染師
奈良に20軒あまりあったという藍染め工房も最後の1軒となりました。おじいさんから藍壷を受け継ぎ、いまでも自宅の土間で藍立てされています。土間での藍壷を数100年以上守り続けている工房は全国でもすくない。
Ms. Kayo Inoue
5th generation of Kasama Indigo dying. She learnt traditional dying from her husband's father. The aitsubo, base of indigo has been huded down for 150 years, which is very rare thing in Japan.

笠間藍染めについて About Kasama Aizome
http://voicecream.jp/try/kasama_aizome/
http://voicecream.jp/en/try/kasama_aizome/ (ENGLISH)

コーディネーター:
里山文庫 前田知里
オランダの大学院でアグロエコロジーを研究中、食文化や民俗の知恵を訪ね、インド、ブータン、日本の小さな農村を歩く。海外向け食農ツーリズムのコーディネーター&通訳ガイドとして活動中。

Tour Coordinator & Licensed English Guide Interpreter.
Satoyama Library Chisato Maeda
She studied agro-ecology for her masters degree in the Netherlands, and travelled around small villages in India, Bhutan and Japan to learn traditional knowledge of food culture and ethnobotany. She organizes off-the-beaten village tours and experience programs related to food culture and sustainable rural livelihoods.

URL http://www.satoyamalibrary.org/

薬草のルーツは宇陀に遡り、かつて阿騎野(あきの)と呼ばれた地で、推古19年(611年)、大和朝廷の薬狩りの様子が日本書記に記録されています。そして、数々の名だたる製薬企業が誕生した地でもあります(ロート製薬、ツムラ、アステラス製薬など)。日本最古の「森野旧薬園」や薬問屋であった細川家跡の「薬の館」も残っています

そんな薬草文化発祥の地で、植物に詳しく、お話も楽しい地元の方のご案内で、実際に山に入り、薬酒の原料を猟る「薬狩り」をし、2−3種類の薬酒をつくります。(ご注意:2時間ほど山を歩きます)

また、生活空間である土間で藍壷を守り続ける笠間藍染め5代目染め師のカヨさんを訪ねます。暮らしと切り離された体験施設でなく、等身大の暮らしに出会う作り手を訪ねる旅。ぜひ、ご一緒できればと思います!

ランチは、老舗料理旅館今阪屋さんの薬草弁当をいただきます。

In the historical record, Akino, today’s Uda city in Nara, was the renowned village to harvest medicinal herbs. It is reported that Empress Suiko visited to hunt herbs (AD611), which was recorded in Nihon-shoki (the oldest chronicles of Japan) . The streets have some facilities associated with medicine and herbs, including Morino Kyuyakuen (medicinal herb garden) and Kusuri-no-Yakata (the museum of medicine).

In this tour, we will viisit producers of natural indigo dying and medicinal plants, learning traditional knowledge of livelihoods which had been handed down from generations to generations. Please note that we will walk around 2 hours to look for medicinal plants in the mountain.

日時:2017年10月21日(土)10:00-17:00
Date: October 21st 2017 10:00-17:00

料金:3500円
含まれるもの:ガイド料、薬酒原材料、今阪屋さんの薬草弁当付
含まれないもの:現地までの交通費、藍染め(染めるものによって異なります。ハンカチ1500円〜詳しくはお問い合わせください。)
Participation fee: 3500 JPY
including: Guiding(English translation available), Medicinal Plant Liquor, Medicinal Plant Lunch from Ryori Ryokan Imazakaya

訪問場所:染め工房笠間藍染、大宇陀松山地区周辺の山
Destinations: Kasama Aizome (Indigo Dying), Ouda Matsuyama District and mountains nearby

集合場所:10時に染工房 笠間藍染 (〒632-0201, 620 室生下笠間 宇陀市 奈良県)、もしくは9:20に榛原駅でピックアップ可能
Meeting point: Kasama Aizome (620 Murou Shimokasama, Uda city, Nara prefecture) at 10:00 am or JR Haibara station at 9:20 am

定員:10名 (10 participants at maximum)

ローカルナビゲーター Local Navigators:
藤本勝也さん 薬草ガイド
宇陀市のまちづくりに取り組み、数々の薬酒など手作りされています。植物にまつわる楽しいお話がきけます。
Mr. Masaya Fujimoto
He is a medicinal plant guide in Uda city, introducing medicinal plant culture. His knowledge of traditional medicine is fascinating, and we will definitely have a fun from his story telling.

井上加代さん 笠間藍染め5代目染師
奈良に20軒あまりあったという藍染め工房も最後の1軒となりました。おじいさんから藍壷を受け継ぎ、いまでも自宅の土間で藍立てされています。土間での藍壷を数100年以上守り続けている工房は全国でもすくない。
Ms. Kayo Inoue
5th generation of Kasama Indigo dying. She learnt traditional dying from her husband's father. The aitsubo, base of indigo has been huded down for 150 years, which is very rare thing in Japan.

笠間藍染めについて About Kasama Aizome
http://voicecream.jp/try/kasama_aizome/
http://voicecream.jp/en/try/kasama_aizome/ (ENGLISH)

コーディネーター:
里山文庫 前田知里
オランダの大学院でアグロエコロジーを研究中、食文化や民俗の知恵を訪ね、インド、ブータン、日本の小さな農村を歩く。海外向け食農ツーリズムのコーディネーター&通訳ガイドとして活動中。

Tour Coordinator & Licensed English Guide Interpreter.
Satoyama Library Chisato Maeda
She studied agro-ecology for her masters degree in the Netherlands, and travelled around small villages in India, Bhutan and Japan to learn traditional knowledge of food culture and ethnobotany. She organizes off-the-beaten village tours and experience programs related to food culture and sustainable rural livelihoods.

URL http://www.satoyamalibrary.org/

<前回訪問時の写真 Photoes taken last time we visited>






2017年8月29日

ならいごとの旅【大和高原の植物と民俗】藍染めと薬草を学ぶ

0 件のコメント :

「ここの空気、なんかいいよね」って来たひとみんなが言う。
宇陀市笠間は、バスが廃線になりながらも、子だくさんのおうちが多く、9人子どもがいる家庭もあるのだとか。外に出て行った若者も戻って来たくなる、笠間はそんな集落。

現役の鍛冶屋さんがいたり、藍染めやさんがいたり、生業が生きている。




山添村シェアハウスにて参加者それぞれが特技を持ち寄るナレッジシェアリングの会。ここでは、みんなが講師でみんなが生徒。

植物を採集するところからはじめる和のハーバルボールづくり、そして藍染めの職人を訪ねる旅。夜は発酵食とスパイスを囲む食卓。パンとナンと本場インド&バングラのカレー作り。1泊2日盛りだくさんな大人のサマー合宿でした。


笠間へ。藍染め職人をたずねる

5代目染め師のカヨさんは、生活空間である土間で藍壷を守り続ける。暮らしと切り離された体験施設でなく、等身大の暮らしシェアリング。


藍葉を発酵させたすくも

染め料は 2000 円から、染めたい服を持ち込めます。すっかりはまってしまって、また染めたい服と布がたくさんあるので、ぜひ一緒に行きませう!布ないひとは、タイの手紬ぎ布も販売してくれます。オリジナルパターンの服づくりもしたいです。



和のハーバルボールづくり


柿の葉、ビワの葉、レモングラス、おおばこ、笹、ミント、ヨモギ、ドクダミ、野生茶・・・
足下の庭には、たくさんの植物が生えています。普段は気づかないのですが、いい香りのするもの、苦みのあるもの、お香やハーバルトリートメントに、納豆をつくるときの枯草菌採種に、いろんなことに植物の力を活かすことができます。

今回は、インドで民間医療を研究するEthno Kitchenサチさんにハーバルボール作りを学びました。
サチさんのHPはこちら
http://ethno-kitchen.blogspot.jp/




発酵食とスパイスを囲む食卓

そして夜。
インドとバングラのカレー。
ライ麦、自家採種・自家製粉の天然酵母のパン焼き。ナンづくり。
タイヤ台湾の発酵食もずらりと並ぶ。




次回は、10月に予定。
参加希望の方は日程調整表に記載よろしくお願いします。
https://chouseisan.com/s?h=bcb0a34af6bf4f328881c8d79e4ddbf7



2017年8月19日

【イベント案内 9/9】World Fermentation第1回 発酵する台湾~菌とともに生きるアジア2000年の知恵を食す~

0 件のコメント :

World Fermentationシリーズとは~

世界各国に根付く発酵文化、食文化、保存食などの知恵や潮流を知り、学び、参加者各自のコミュニティに活かしていただくことを目標に開催していくセミナーです。


第1回目は「台湾」。

京都のヴィーガンレストラン「浮島ガーデン」で台湾への産地を訪ねる旅の報告会をかねて、アジア在来の発酵文化とお茶づくりを語る会をします。紅麹や豆麹を使った食材の食べ比べ、沈香、珈琲の葉でつくった発酵茶の試飲も。



イベントページ
https://www.facebook.com/events/1825634734416235/



【内容(予定)】

・アジアの麴づくり(餅麴、紅麹、の解説使い方と紅麹糟の味をみてみよう)
・豆腐ようの食べ比べ(台湾と沖縄)
・変わり発酵茶を味わう(沈香・珈琲)

日時:2017年9月9日(土)
   14:00~15:30(開場13:45)
場所:浮島ガーデン京都2Fスペース
   〒604-8074 京都市中京区朝倉町543
定員:20名
料金:2,000円(1ドリンクと試食付)
※参加費は当日受付にてお支払いください。
申し込み:事前予約制(お名前・メールアドレスまたは電話番号・参加人数をご記入ください)
メールアドレス:yuki@ukishima-garden.com(担当:砂本)

●里山文庫 前田知里
<経歴>
2009年〜2011年 ワーゲニンゲン大学有機農業研究科アグロエコロジー専攻
20011年〜帰国後、全国の農村を訪ね歩き、古老から伝統農法や保存食、手仕事などナリワイを学び数多くの発酵食品と出会う。
現在はフリーランス通訳ガイド&ツアーコーディネーターとして地方での経験を元に日本の風土を訪ねる旅づくりに取組中。

2017年8月7日

【開催報告】薬草料理と薬狩りin宇陀

0 件のコメント :
薬草のルーツは宇陀に遡り、かつて阿騎野(あきの)と呼ばれた地で、推古19年(611年)、大和朝廷の薬狩りの様子が日本書記に記録されています。

そんな、薬発祥の地で薬草料理をたべて薬について学ぶ会の同行者を募集したところ、豊岡や熊野、伊勢から楽しい仲間が集まり、1泊2日の行程に。地元の方の案内で薬草狩りとお寺での薬草料理を楽しみ、夜は山添村のシェアハウスで、めずらしくアルコールなしに熱く語り合う自然派なメンバーたちでした。
曽爾高原の当帰畑を見学

==============
【スケジュール】
1日目 

◎道の駅「宇陀路大宇陀」足湯
◎ヒルトコカフェで当帰を使った薬草料理
◎薬草の達人に学ぶ暮らしに役立つ薬草の知恵

2日目
◎三輪明神大神神社「くすりの道」

◎大願寺薬草料理
◎曽爾高原当帰苗作り見学&野草や昔の暮らしについて聞き書き
==============



食べて味わって学ぶ薬草の効能 

野草、薬草について学ぶとき、図鑑にのってるだけだとなんかしっくりこないのですが、実際に食べてみたり、お供えものに使ったり、建材や、菌の採集につかったり、植物と何らかの関係性をもつことでその植物を理解しやすくなったりします。

日本書紀にもでてくる薬狩りの地、宇陀は、ロート製薬、ツムラ(旧津村順天堂)、アステラス製薬(旧藤沢薬品)など製薬会社の発祥地でもあり、いまでも生薬問屋街の面影が残っていて、日本最古の薬草園、森野旧薬園や、くすりの館など、薬をテーマにしたまちづくりに取り組まれています。

まず、重要伝統的建造物保存地区に指定されている松山地区の町並みをご案内いただきました。
そして森野旧薬園へ。

森野旧薬園は、現存する日本最古の私設薬園で、江戸幕府8 代将軍徳川吉宗が推進した薬種国産化政策の国家プロジェクトとして薬草栽培の拠点となっていました。
日本書紀にも出てくるのですが、どうやら、水銀が採れる場所は、薬効が高いとされていて、この地が江戸時代にあっても薬草栽培の国策として位置づけられてきたのが面白いですね。

当時、葛の生産に取り組んでいた森野家当主・森野通貞が幕府の採薬使であった植平左平次とともに薬草の収集にあたり、日本最古の私設薬草園を開設。その時に、最初に外国から導入した種苗を幕府から下賜されたという6種類の薬草がいまも大事に展示されています。
 
それが、この6種類。テンダイウヤク、ナンキンハゼ、カンゾウ、ニンジンボク、ニッケイ、サンシュウ。


他のメンバーたちも、薬草好きだけあって、森野旧薬園なんどか来たことあるとのことでしたが、やはり解説を聞くと、楽しさ倍増です。

6000㎡ほどの面積の土地に、250種類の薬草が植えられていて、いまでもボランティアの方達がお世話をされているのだとか。小高い丘には東屋があり、宇陀の町並みを見渡すことができます。



「いやー、これ、内緒なんですけどね。」
と、薬草の前で味わう6種類の薬酒。
うち3種類が人参。トチバニンジン、ツルニンジン、高麗人参。
味、違うんですね、ニンジンはニンジンでも。

ときどき、たちどまっては、味わい・・・(内緒の出来事でした)
あるきおえたあとの葛きりがうまし。


信仰と薬、そして薬草の懐石料理

2日目、まだまだ濃い学びはつづきます。
大神神社には、「くすり道」が。のぼってゆくと、道のわきに多様な薬となる植物が植えられています。

春日大社の植物園、山伏と薬、そして、お坊さんがはじめに茶を飲み始めたのは薬としてでした。あらためまして、薬と信仰のつながりを感じました。

大願寺にて薬草料理のフルコース。
おしょうさんは、京都の禅寺で精進料理を学ばれましたが、もともとは茶の湯から入られたのだそうです。美味しく食べることももちろんですが、季節のものを美しくいただくという美意識に特にこだわっているのだとか。
前菜。
金柑の器に葛粉で黒豆を嵌めた翡翠寄せ
トマトと南瓜の市松羹
酵素玄米に田楽。

吉野本葛の胡麻豆腐、薬草たっぷりの三種盛り。またたびの実も。
紅花、カンゾウの酢の物。などなど
飛龍頭のあんかけ
ひょうたんカタチにくり抜かれた大根には、 菜っ葉の茎で結ばれている。
 薬草のてんぷら。

 さらに、吸い物、ごはん、デザートへとつづく。

曽爾高原の薬草畑見学

曽爾高原の薬草畑にて。 
当帰の苗、全員お買い上げ。畑やってる率100%なメンバーたち。
おじちゃんに近所の集落をご案内いただきました。
穀物の脱穀につかう唐臼をみにいったり。
こちらは、杜仲の木。杜仲茶に加工するそうです。


次回は、実際に山にはいり、薬酒造りをやりたいとお話しています。
たぶん、9月か10月あたりに、またfacebookとtwitterで募集するとおもいます。

よかったらフォローお願いします。





台湾食農之旅【薬草編】植物とともに生きる知恵を学ぶ旅

0 件のコメント :
台湾の屋台で必ず見かけるのが青草ジュース、苦茶、仙草ゼリー。
まちなかの商店や露天でも、生薬がわさわさ積まれていたりします。
青草巷
埔里の露天商

こういうのを見るとテンションあがってつい話しかけてしまうんですよねー。
あ、今回、台湾へのならいごとの旅をテーマごとにまとめていまして、薬草編です。

薬草に興味をもったのは、ブータンで無医村の村に滞在してからで、帰国後、丹後半島の山野草達人について2年ほど野山をかけまわり、そして現在、京都府薬務課主催の薬膳インストラクター養成講座も3年目、上級講座で中医学を学んでおります。




いったい何をしてる人かって?よく聞かれます。

話せば長くなりますが、頑張って短くすると、ちょっとディープな旅のプログラムコーディネーターしてます。海外の人を日本の農村に案内することが多いですが、一方的にきてもらうばっかりじゃなくて、これまでに訪ねた台湾やブータン、タイの農村とか、アジア2000年の叡智や食と農の伝統技術をお互いに伝えあう交流ができればいいなあと考えています。ぜひ、また台湾の生産者にも会いにいきましょう!

前回記事:
台湾食農之旅【発酵編】台湾の発酵集団との交流
台湾食農之旅【茶農家編】台湾でお茶について学べる素敵な場所
台湾食農之旅【有機農業編】大学から広がるオーガニック運動


「共膳共耕」共に食べ、耕す、薬草のまちおこし

さて、台湾で薬草について学べる場所のご紹介。
・・・の前に、面白い取り組みのご紹介。

台北郊外のまち、淡水にてコミュニティで薬草をつくり、食を共にする「共膳共耕(共に耕して共に食べる)」のとりくみを取材された早稲田大学の映像です。老人たちのコミュニティづくりとともに次世代の教育にも取り組まれ、こどもたちが、薬草の効能を説明できるまでになっているそうです。

京都府の薬膳インストラクターも住民みんなが予防医療に関われるようにとはじめられたものですが、淡水の事例は、老人から子どもまで、まちぐるみでまちの健康に取り組まれているのが面白いですね。



薬草食べ放題、バイキングのある薬用植物園

ならいごとの旅でも書きましたが、薬草の展示を見ながら、実際のその植物をたべれらる植物園が台東にあります。薬草を使ったドレッシングやスイーツ、薬茶もあり、食べ方も学ぶことができます。見ているだけではなかなか覚えられないのですが、実際に食べるとどいういう植物なのか、頭でつながるんですよね。食べて覚えるというのは私だけでしょうか??野生の植物には、酸味も苦みも、エグミもあります。それがよかったりするのですが、どう料理したらおいしいのか、考えるのも楽しいです。ぜひ、いろいろ食べてみてください^^

前回記事:ならいごとの旅 in 台湾(2)薬草を学ぶ旅


台東原生応用植物園 
台東縣卑南鄉明峰村試驗場8號 
+886 8 957 0011
https://yuan-sen.com.tw

ルカイ族の薬草パン工房

石板屋とよばれる石でできたルカイ族独特の集落にある薬草工房。
お父さんにガーデンを案内してもらいながら、いろんな植物を使った加工食の試食をさせてもらえます。野草を使ったパン以外にも、お茶や化粧品、そして調味料も面白いものがありました。屏東のルカイ族を訪ねる機会があればぜひに。

雾台神山佳人香草工坊 
霧台村2鄰神山巷26-1號
+886 8 790 2214


生薬の店が軒を連ねる市場


観光地としても有名な龍山寺のとなりの路地を入ったところに並ぶ生薬のお店。清朝からつづく生薬街で、10軒あまりの店で100種類ほどの薬草をあつかっているそうです。
先日、月ヶ瀬村で染め物の原料として使われる「烏梅」の製法を見学させてもらったのですが、生薬としてつかわれる烏梅を確かめたくて探しに来ました。

「萬安青草」の看板が各店舗に掲げられる

そこらへんで薬草が干されています


路地の看板には薬草の説明が。


いとも簡単に烏梅はみつかりました。
烏梅茶
路地のまわりには、薬草スタンドが並びます。
ローゼル、タンポポの根、烏梅茶、などなど試飲させてもらいました。

薬草ジューススタンド
青草巷  
108 台湾 台北市萬華區西昌街224巷

台湾大学の植物標本館がおもしろい

台湾大学には気軽にはいれるミュージアムがいくつかあって、民族学系だったり、農学系だったり。種子系もすごいのがあるんですが、割愛。植物標本室には、有用植物を活かした製品の展示や古い文献が保存されています。


学芸員の郭さんにご案内いただきました。(行かれる際は、英語が話せる方がいるか確認したほうがいいかも。)

学芸員の郭さんに葛から紙の作り方をきいているところ
タンスの中にも植物の種子がびっしりつまってます。
もはや宇宙人。なぞの植物標本。
植物クイズ
温室もご案内いただきました
生薬とはちょっと違いますが、生活の中でひとは植物とどう向き合って来たのか、植物との関係性の歴史を学ぶことができます。

国立台湾大学植物標本館
10617 台北市 羅斯福路四段一號植物標本館
+886 2 3366 2463 
tai2.ntu.edu.tw


以上、植物とともに生きる知恵を学べる場所のご紹介でしたが、薬膳をやっていて想うことは、ことさらに、わざわざ薬草とか言わなくても、日常の暮らしに特別なものを使う必要は必ずしもないということ。自分の体調が悪いとき、湿熱がたまっているのか、それとも気虚の状態にあるのか、どういう状態にあるかがわかれば、気血を補う食材をとったり、熱を発散させたり、特別な生薬を使わなくても身近なものでできることも多かったり。

台湾でも、わざわざ薬草ってコトバを使わなくても、生活の中で日常に生きている知恵がたくさんありました。露店のおばさんや、家庭の主婦からもその知恵を学ぶことはできます。
台北の路上で香草や野草を販売するタイヤル族のおばあさん。話しかけると、野草の使い方についてお話してくれました。


市場に売ってるショウガの品種の多様性がすごい。使い分けをどうしているのか、どういうときにどの品種が適しているのか、市場のおじさん、おばさんに話を聞くのもたのしい。


そして、セデック族の村でも、野草料理をごちそうに。
家庭料理の中にも、いろんな香草が使われていました。
 庭に植えられている香草の違いと使い方を聞き書きしているところ。
各家庭の庭に必ず植えられている樹豆。救荒作物なのだそう。

日本の昔のおうちにも、シャエンバ、ヤシキリン、イグネなどと呼ばれる食べられる樹木や作物を植えた菜園がありました。山には焼畑で主食を育てる「畑(火を入れる田)」、歩いていける距離にある「畠」とは、植える作物の種類を使い分けていたのですが、身近に薬となる植物を植えていたり、救荒作物を植えていたり。

昔のお屋敷に植えられている植物をみると、そんな昔のひとの100年先を読む力と、生きる知恵に学ぶことは多いです。

ゲンノショウコ(現の証拠によく効く)、センブリ(千回振る)、ドクダミ(十薬)、オオバコ(車前子)などは身近にある民間薬。山村にいくと、ばーちゃんが、庭を案内してくれます。植物を生活にどう活かしていたかということも。


旅はわたしにとって、暮らしに必要な生きる知恵を学びにいくこと。
観光地ではなくて、日常に会いにいくこと。
旅を通してそんな日常を伝えていけたらなあと思っています。

また、台湾をはじめ、農村へのならいごとの旅の同行者を時々タイムラインやツイッターで募集しています。知恵を伝えるワークショップもいろいろとやってます。よかったらぽっちとフォローお願いします。




======
ならいごとの旅 in 台湾(5)宜蘭でエコな暮らしを学ぶ博覧会
ならいごとの旅 in 台湾(6)茶農家の食卓
ならいごとの旅 in 台湾(7)地域のお母さんに学ぶ季節の保存食
ならいごとの旅in台湾(8)客家の植物民俗と保存食の知恵
ならいごとの旅 in 台湾(9)ふくろうの森と藍文化の復興
ならいごとの旅 in 台湾(10)山に生きるルカイ族の民族植物と愛玉づくり
ならいごとの旅 in 台湾(11)パイワン族の粟と紅藜にみる種への信仰
ならいごとの旅 in 台湾(12)ルカイ族の種取りと発酵に学ぶ民族の知恵

 台湾の面白い場所地図更新中!
赤:記事有り
黄:訪問済
青:訪問したい場所