農ある暮らしを訪ねる旅

イベント案内

発酵

Games

2017年5月3日

ならいごとの旅 in 台湾(12)ルカイ族の種取りと発酵に学ぶ民族の知恵

1 件のコメント :



二つの粟の家

屏東にある2つの「小米之家(粟の家)」を訪ねて来ました。ひとつは茂林にある天然の粟酒を仕込むルカイ族の家庭、そして、もうひとつは山地門からも近い禮納里にある災害復興支援に取り込むルカイ族のコミュニティ。どちらも偶然「小米之家」という名称で活動されていて、ひょんなことから、2つの家でステイすることになったのです。

ルカイ族の人口は約1万2千人で、大きく分けて台東に住む東ルカイ族、霧台の西ルカイ族、茂林の下三社族の3つに分けられるそうです。

36種類の粟のタネを保存しているという西ルカイ族の家庭「小米之家」がある禮納里は、3つの部落にパイワン族とルカイ族の2つの部族が共に暮らす複雑なコミュニティになっています。

というのは、88風災と呼ばれる民国88年(2009 年)に起きた大きな台風の被害により、3つの部落が壊滅的な被害をうけました。谷は崩れ、伝統的な居住区の石板屋の集落はなくなってしまいました。

台湾政府は、山に住む民に平地へ住むよう促し、もともとパイワン族能登地であった禮納里の土地に、3つの部落がともに暮らすようになりました。

3つの部落は、大社部落、瑪家部落、好茶部落、3つあわせて「大家好」(中国語でみなさんこんにちはという意味 )と呼ばれています。

小米之家は好茶部落にあるルカイ族のホームステイを受け入れている家庭で、災害復興のためのコミュニティビジネスに取り組む魯凱族産業発展協会理事長の李さんの実家。豊年祭などの祭事や婚礼時に奉納される粟を作る家庭で、禮納里の土地に移転してからは、小米祭を執り行う家なのでした。


はじめ、その協会と連絡をとっていたのですが、今回の旅をアレンジしてくださった屏東大学の先生に連れて行ってもらった先は茂林にある同じくルカイ族による同名の小米之家。禮納里の複雑に入り組んだコミュニティ構造と、まったく同名で活動されているお家が別の地域にあるという偶然が重なり、実際に到着するまで気づきませんでした。せっかく案内していただいたので1日目は茂林へ、その後の予定を1日づつずらし禮納里へ。2つの小米之家でステイすることに。


天然発酵の粟酒づくり
そんなわけで、偶然の縁でたどりついた茂林の小米之家は天然発酵の粟酒を作っているルカイ族のご家庭。残念ながら工房は山中にあり、月曜日と火曜日にしか現場にいかないとのことで、見学ができなかったのですが、昔から粟の酒をつくっているお母さんのお話を伺いました。





原住民の酒造りは、炊いた粟をメインに天然酵母で発酵をさせるのが習わしで、紅藜は発酵を促すスターターのような存在なのだそうです。街中で作ると、味が変わってしまうのだけど、水が奇麗な山で仕込むと、長く保存しても味がかわることがないといいます。


粟酒仕込み中の取材記事



畑を見せてもらうと、前日にパイワン族の集落で見たカラフルな藜とちがって、赤一色でした。なぜ、この畑には赤い藜しかないのか聞いてみると、いろんな色の藜がでてくるけれど、赤にこだわって紅色藜を選抜してきたとのことでした。赤色の紅藜は発酵によいのだと言っていました。

そこで謎なのが、麹を使っていない天然発酵ということ。屏東科学大学食品科学研究室では、そんな原住民の知恵を再現し、麹や酵母の実験をされていました。


この瓶は藜をスターターにしてパン酵母を起こす実験。ぷくぷく粟がたっていて、確かに発酵臭がしました。藜を加えずに、粟だけでもできるのか、次回は粟だけでやってみたいとお話してくれました。


原住民の酒は味が変わらないらしいとお話しすると、研究員の方も、実験室でも酸味が出てしまうのに、と驚かれていました。


「もしかしたら、その場所で長年かけてよい発酵をしたものを残し、悪い発酵のものを取り除いて来た積み重ねの歴史ではないか。そして山の中にある環境がすでにバランスのよい菌の生態系ができているのでは?」と研究員の小昱さん。

タネと同じで選抜を繰り返して来たからこそできる天然発酵。歴史がなければできない受け継がれて来た知識の結晶かもしれません。

ちなみに、麹には、いろんなタイプの麹があり、中国や台湾の伝統的な麹の作り方で、草をスターターにして採集する「草麹」とよばれる麹があるそうです。

台湾の餅麹



36種類の粟を保存する家


2日目は、禮納里にある災害復興支援に取り込むルカイ族のコミュニティへ。


<禮納里の町の構成>
大社部落 (パイワン族)174戸
瑪部落 (パイワン族)132戸
好茶部落 (ルカイ族)177戸

ルカイ族が住む好茶部落では、177戸のうち約30が「接待家庭」に登録しており、ホームステイを受け入れています。これは災害復興のひとつとしてはじまった交流プログラムですが、かなりすごい受け入れ率でまちづくりの勉強にもなります。




好茶部落では、愛称をこめて「脫鞋子部落」と呼ばれていますが、石板家の習慣では、玄関の前にある軒下のスペースが客間。石のベンチは、お客さんが座る場所です。

この協会には15名のスタッフが勤務していて、出身も、アミ族やルカイ族、パイワン族、平埔族とばらばら。どこからともなくギターをもって登場するむらびと、そしてスタッフの方が歌と踊りで歓迎の儀式をしてくれました。







協会の本部としてつかわれているのが、36種類の粟を保存するという「小米之家」でした。

小米之家は、結婚式や豊年祭で使う粟を生産する家庭。台風の被害のあとも、このおうちで祭祀を執り行うといいます。


理事長の李さんが説明してくれました


ここの老夫婦は、収穫前の1ヶ月は、畑の簡易宿所で泊まり込みで作業しているそうです。出作小屋が居住地から離れた場所にあって、収穫期は泊まり込みで農作業にあたるところはブータンに似ています。

私が訪問した時期は、ちょうど粟とタカキビ、紅藜の収穫時期だったので、おうちにはおられず、翌朝、スタッフの方が車で迎えに来てくださり、畑に連れて行ってくれました。


畑につくと、粟と紅藜がずらりと、美しく束ねられていました。




これまでに訪問した農家さんと比べてもかなり丁寧な仕事をされています。
祭祀用の作物をつくるということがどれほど根気のいる作業かがわかります。

おとうさんは少し日本語をお話しになりました。







「私たちのこと忘れないでよ。またきてよ。ほんとよ、きっとわすれないでよ。」

がっしり手を握り、熱い目で語りかけてくれたおばあちゃん。
ほんの1時間ほど一緒にいただけだったのに・・・。
なんとあたたかいひとたちだろうか。

芸術による被災地復興



異文化の背景をもつ3つの部落のひとびとが共生するこのまちで、各地からあつまったアーティストたちが災害復興支援にとりくまれていました。
壁画の作品がまちのいたるところに展示されていたり、木工作家や画家、芸術家が工房を構える。


開展準備中の紅藜の物語館



部落入り口にある生活工房の一角で、特に印象に残ったのが、大社部落のイーサン( Ethan Pavavalung)の工房。
自然をモチーフに原住民の精神性や文化を表現するアートが特徴的で、壮大な宇宙観を感じました。

霧台行きのバスをまっている間の少しの時間でしたが、お父さんが作られたというパイワン族の笛を演奏してくれました。越後大地の芸術祭にも出展されていて、来年も日本に来られるそうです。



台湾はよほどのリピーターでないと原住民の村を訪ねられる方は少ないかと思いますが、ぜひ、屏東も訪問してみてください。きっと、台北や台南にはない文化の多様性にふれることができるとおもいます。

2017年4月25日

ならいごとの旅 in 台湾(11)パイワン族の粟と紅藜にみる種への信仰

0 件のコメント :

“Though I do not believe that a plant will spring up where no seed has
been, I have great faith in a seed. Convince me that you have a seed
there, and I am prepared to expect wonders.”(Henry Thoreau)
"雖然我不相信 沒有種子的地方 會有植物冒出來 但是,我對種子懷有大信心。若能讓我相信你有一粒種子, 我就期待奇蹟展現。"(享利梭羅)
「タネがないところには植物が生えることはないと信じているけれど、一粒の種子に大きな信頼を寄せている。一粒の種子を持っていれば奇跡もおこることを信じている。」(ヘンリー・ソロー) 





竹富島の豊年祭にも共通する粟を奉じるお祭りがある原住民族にとってタネは神聖なもので、シードセンターとなる家庭が各部落に1人はいて、代々タネを受け継ぐとともに、隣りの集落と種苗交換をおこない、タネを更新して来たといわれます。

黒粟とよばれる特に大切にされている粟。
栄養価が高いと信じられ、産後に食べるという。

特に、紅藜とよばれるキノアに似た在来作物は、台湾にしか存在しない固有種で、細々と原住民が受け継いで来た植物なのですが、近年の健康ブームで復活始めていると聞き、パイワン族やルカイ族が多く居住する屏東の霧台、神山、瑪家、茂林郷を訪ねました。

山地門からさらに一時間、山奥をどんどん上っていきます。


今回の調査では、屏東科学大学植物学研究室の周先生をはじめ、食品科学研究室の黄先生、卒業生のパイワン族で瑪家郷出身のマワリフさんに現地語の通訳とコーディネートをしていただき、大変お世話になりました。

パイワン族の村での聞き書き

まずは、マワリフさんの故郷瑪家郷へ。

パイワン族はとても興味深い社会構造があって、最初に生まれた長子が男であっても女であっても代々直径の長子の家系が階級では一番上となる階級社会。家族ができると、名字を継ぐのではなく、新たに家名をつけます。家長が兄弟たちにのれんわけをしていくのです。

面白いのが、その長子のことをブサムBusumといぶのですが、種子のことも同じ「ブサム」という用語をつかうのです。つまり、パイワン族にとって、タネは始まりを意味する一番重要なものだということ。

階級が一番上の統目は、女性なら「公主」とよばれ、現・瑪家郷の統目、公主は集落の土地を始め、天地の半分を所有するといわれるほど強い権限を持っているそうです。公主にあうときは、まず、家名を名乗り、父と母、祖母の名前を名乗ります。そうすると、どこのだれで、土地がどこにあって、職業や家族構成までわかるのだそう。ジョークのようなお話ですが、鶏が歩いていても、公主はどこの鶏かわかるといいます。

公主の家にて種取りのお手伝い

紅藜(ホンリー)のたねとり
タネがかなり細かく、選別は根気のいる手作業
まちなかにも空き地があればいたるところに紅藜が植えられている

多くのパイワン族が平地に移り住む中、マワリフさんのおじさん、おばさんは、いまも山中にある旧集落で、畑作をされていました。紅藜の畑に連れて行ってもらいました。

山中にある旧集落は、石板屋とよばれる石で建てられたスレート建築。2部屋あり、1部屋が厨房、1部屋は寝室、客室は野外になっています。石のベンチがお客さんが座る場所で、日本と同じように客間に入る前に靴を脱ぐ習慣があります。家の外なら気兼ねなく夜遅くまで飲むことができるのだそうです。

さらに山へ。石板屋づくりの出作小屋


獣の骸骨が・・・?!

紅藜の収穫は春が4月~6月。ちょうど訪問したのが4月だったので紅藜の収穫まっただなかでした。収穫期がかぶらないよう、ちょっとづつ時期をずらして植えられていました。花は黄色、紅、オレンジ、白、黒と、彩りが美しく、石板屋の裏の畑を彩ります。




家庭によっては、紅のみを選抜して栽培しているところもありましたが、色彩豊かな種を保存する理由を聞いてみました。

白、黄色、橙はご飯として食べる用、
黒は特に栄養が高い。
紅色は酒づくりにつかう。
また、服の色にあわせて髪飾りにもなります。

藜の葉は野菜に、茎はお茶に、そして籾殻はサポニンが含まれていて洗濯に使われることもあります。かなりいろんな用途に使われているようでした。

紅藜の葉は野菜としても販売される

さらに、紅藜はほかの雑穀に比べて脱穀しやすく、野生に近いため栽培も手間がかからずほぼ放任でき、年3回収穫できるという救荒作物なのでした。

昔たべられていた台湾固有の在来種であるタイワンアブラススキや、陸稲、キビが姿を消す中、紅藜はほそぼそと家庭で受け継がれて来たのでした。


とあるタネ仲間の依頼で頑張ってさがしたアブラススキ。現地語でラルマイ(ルカイ)またはルマガイ(パイワン)といいますが、中国語名の油芒では通じません。
以前は、お米のかわりにたべられていたそう。

 右がたかきび、左がアブラススキ。


紅藜は日本ではまだ知られていないのですが、いまや、その高い栄養価が注目をあび、ヨーロッパからも依頼がはいっていて、値が高騰していて、どこの家庭でも藜を作るようになっていました。
南米のキノアは安く、紅藜として台湾で売られている商品も、多くは輸入品で、なかなか手に入らなくなっているといいます。

==================
紅藜の食べ方。
ご飯と炊く時は米1カップ(200cc)に対して、藜を5g(ペットボトルのキャップ1杯が約5g)まぜて一緒に炊く。
チナブ(原住民のちまき)や愛玉(オーギョーチ)にまぜてたべることも。
==================

  

パイワン族の植物利用の知恵

粟や藜の栽培の他、お庭には、たくさんの植物が植えられていました。


チナブの葉

月桃

月桃はゴザや籠づくりにつかわれる

苧麻も儀式のかざりに使われる。
紅藜は、粟やタロと同じ栽培時期だということもあって、混作されることも多い。


こちらのおうちはトウモロコシと紅藜の混作



ランチは、瑪家榖倉という原住民族の食事が味わえる瑪家郷のレストランにて伝統的な家庭料理をいただきました。

葉に包まれているのがアヴァイとチナブ

原住民の村を調査していると、日本語で話しかけられることがあります。頭に入れておかないといけないことは、日本統治時代に、同化政策をやっていて、日本軍とともに戦ったという人も多くおらるということ。懐かしむように日本名を教えてくれ、昔のことをお話されるのですが、人によっては過去の捉え方は様々かもしれません。

それまでシンプルな暮らしをされていた原住民ではそれまで使わなかった外来語である日本語がそのまま現地語になっていることがあります。

たとえば、アブラススキについてきいているとき、あぶらっぽいというのを「アブラアブラ」と表現していました。油は日本軍がやってくるまではなかったのだそうです。あと、花は「ハナ」とよんでいました。

日本と共通する農耕儀礼、受け継がれて来た作物への思い。
原住民部落での交流の旅はつづきます。

次回は、36種類の粟を保存するルカイ族の「粟の家」へ。

参考サイト
瑪家部落(瑪家穀倉)
https://www.facebook.com/makazayazaya


※「先住民」を使うように言われることがありますが、台湾で使われている現地語を尊重し、ここでは「原住民」と記載しています。
保存保存