農ある暮らしを訪ねる旅

イベント案内

発酵

Games

2017年7月9日

てしごとをたずねる【月ヶ瀬村の烏梅】日本古来の伝統色、情熱の紅を受け継いで

0 件のコメント :

梅の里月ヶ瀬で烏梅ツアー

奈良、京都、三重の県境に位置する月ヶ瀬村は梅林の名所として知られる隠れ里。

その梅は、はもともと「烏梅」とよばれる紅花染めの媒染をつくるために植えられたそう。江戸時代から続く月ヶ瀬の主要産業で、かつては約400軒が烏梅づくりに従事していたと言います。
大きな梅をたくさん作るため、京都の城陽青谷から「城州白」が伝わり、当時は結構な収入になっていたようです。

明治以降、化学染料に押され、激減した烏梅生産でしたが、いまも現役で烏梅をつくられている最後の一軒が、国選定文化財保存技術「烏梅製造」の保持者、中西喜久さん。貴重な技術を見せていただけると聞き、月ヶ瀬活性化協議会が実施する、 「月の学校 全国唯一の烏梅づくり見学」 ツアーに参加して来ました。

日本古来の伝統色、紅を鮮やかにする古代の知恵

ベニバナは、最も古い日本古来の染料の一つで、6 世紀の奈良県の古墳から花粉が出土しています。

そのベニバナには黄色と、紅色、2種類の色素があり、紅の色素をとりだすために、アカザを焼いた強アルカリの灰、そして、発色剤として使われる烏梅の酸、苧麻を撚ったアオソが使われて来ました。

紅色を強く出すための工夫の数々。古代のひとたちの「紅」への情熱を感じさせられます。
ベニバナ
○紅餅
ベニバナをお餅のように搗き固めた物。ベニバナの生産地が関西から山形に移り、保存期間を長くするために乾燥固形物として販売されるようになったようです。
○苧麻
苧麻の繊維を撚ったものをアオソといいます。アオソに一度しみ込ませてから絞ると、ベニバナの染料がさらに強い赤になるそうです。

四国での草糸づくりワークショップ

○アカザの灰
植物のアカザを焼いた灰は、強いアルカリになるといいます。ベニモチにアカザ灰をとかしたものをまぜます。

○烏梅
そして、媒染剤の烏梅。酸度が高く、アルカリを中和する。
紅色に染めた生地に烏梅を加えると、鮮やかな発色になります。

烏梅作り



①まず、箕を使ってススをまぶして梅を転がし、梅全体にふりかけます。ススは、近所で薪をたいているおうちから集めてくるそうですが、ススも近年、材料不足になっているそうです。

②穴にもみがら燻炭をつくり、燻します。


ムシロをかぶせ、24時間、燻し続けます。

③24時間たったら、約半月から1ヶ月間天日干し。



染料以外でも中国や台湾では、「烏梅湯」という健康飲料として飲まれているようです。
この風景がみれるのは、7月上旬から8月上旬の1ヶ月のみ。

お問い合わせ
月ヶ瀬活性化協議会
奈良県奈良市月ヶ瀬尾山 2845
奈良市月ヶ瀬行政センター内・月~金・8:30~17:15(祝日・12/29-1/3は除く)
tel 0743-92-0131 /fax 0743-92-0320
e-mail : tsukigase.nara.jp@gmail.com

(イベント情報)
公式フェイスブック「月ヶ瀬-Tsukigase-」 https://www.facebook.com/tsukigase.nara.jp/
「月の学校」予約ページ https://coubic.com/tsukigase_tour

=====================

「月の学校」とは

地域全体が学びの場となり、月ヶ瀬で長い年月をかけて育まれてきた自然や文化・生きる知恵に触れ・学ぶ。教室は山や田畑、工場や民家。講師は月ヶ瀬に生きる・暮らす・働く人々。月ヶ瀬の中と外が、古いものと新しいものが出会い、混ざり合い、月ヶ瀬の未来、そして、自分らしい生き方をみつける人々の月明かりとなるような学びの場を目指しています。
===================

2017年7月2日

大和高原にすごいおっちゃん集団がいた!古老たちに学ぶ山の暮らし

0 件のコメント :

大和高原の暮らしの聞き書き

私はいま旅をつくるお仕事で、京都と大和高原の2拠点で生活をしています。
奈良市内から車でゆくこと40分。大和高原では、古くからの習俗や伝統食がいまに生き、普段の暮らしの中で知恵や技術が今に受け継がれ、古老たちから日々学んでいます。

近所の元気なおじちゃん、おばちゃんがどぶろく作ったり、凍豆腐再現したり、蚕を飼ったり、なにやら面白いマニアックな活動をしている集団があると聞き訪ねて来ました。

そこは、廃校になった校舎跡地。

メンバーはほぼ80歳代の約30名が集まっていて、春は養蚕、夏は蕎麦づくり、秋はどぶろく仕込み、冬は凍豆腐を本気で学ぶ会。さらに古老に聞き書きして学んでおられます。



昔の食加工技術や民俗文化をいま90歳、100歳の先輩たちに聞き書きしてきたおっちゃんらはもう70代オーバーでめっちゃ元気。そんなおっちゃんらの記憶をたよりに、味噌玉や凍み豆腐の昔ながらの作り方を再現しようという実践版聞き書きです。



廃校で飼育している蚕には、毎日当番の方が桑の葉をあげたり、おそうじしたり。常にだれかがやってきておかいこさんのお世話をされています。

わたしもメンバーにいれていただきました。
黒い点々は冷蔵庫に保存してあった去年の卵だそう。

生まれて2週間でこんなに大きくなりました。


シェアハウスのルームメイトが奈良の食の聞き書き集をもっていて、ふき俵やほがしわ飯やらいろいろ再現。いまちょうど採集によい時期で、おじちゃんに朴葉とりにつれていってもらいました。

朴葉の葉で包んだほがしわ飯
どぶろくの研究も。



養蚕の餌に使う桑の間作に緑大豆のまめまきも一緒にやります。
凍み豆腐や味噌玉を再現するのは、それ専用に受け継がれて来た在来種の種の保存から。






このへんの味噌玉は、蒸した大豆を藁で包んで天然発酵させたのち、唐臼で搗く。すでにおっちゃんたちがみんなで使えるように民具も収集・保存されています。

残念ながらHPがないのですが、次回定例会は7月14日。

わたしも、世界の農山村で聞き書きしてきた研究内容を、大和高原の文化と比較して発表させてもらう予定です(会場山添村)。

もしご興味があればご連絡ください。

2017年6月24日

【ゆる募】7月に薬草のルーツ、宇陀へ薬草料理と薬狩りに出かけませんか?

0 件のコメント :




薬草のルーツは宇陀に遡り、かつて阿騎野(あきの)と呼ばれた地で、推古19年(611年)、大和朝廷の薬狩りの様子が日本書記に記録されています。



7月に地元の方の案内で薬草狩りとお寺での薬草料理はいかがですか?

参加できる方はぜひ日程調整表にご記名ください(5人以上で催行)

https://chouseisan.com/s?h=bffade02881a4cf5a2c62924deba63ae



【場所】

薬草寺 大願寺で薬草料理

森野旧薬園 ガイドの案内で薬草を学ぶ



時間があれば、ランチ後、希望者で室生の笠間藍染めも訪ねたいです。



【料金】

地元ガイド1グループ 1000円(参加者人数割り、5人以上で受付)

薬草料理 3800円



【注意事項】

※連絡方法をコメント欄に記入おねがいします!


2017年6月17日

ショウケの里山添村の竹細工職人をたずねて

0 件のコメント :
「死ぬまで作り続けていたい。」

大分の若手竹職人がショウケの里、山添村にて60年竹に向き合って来た職人に出会う。
世代を超えた技術交流。想いは世代を超えて通じ合う。


山添のおじいちゃんが作り続けて来たのは、片口ショウケ。
おくどさんを使っていた時代、お米をとぐために使われていた片口の空いたざるです。

まず、竹を繊維に沿って「マサ割り」し、薄くはいでゆく。
この下準備にかける時間がテマヒマかかるのだといいます。


江戸時代から製茶で栄えた山添村では、かつては2軒に1軒が茶の農閑期にショウケをつくっていた一大産地だったそうです。

製茶が落ち着くお彼岸には、竹の水分が落ち、保存に適した季節となる。

竹を伐採し、10月くらいから冬から春にかけて、竹仕事を行う。農閑期の副業として生業を支え、「ショウケ御殿」とよばれる家が建ったほど、ショウケの生産が勢いづいていたのだといいます。

いまでは、1日がかりでようやく一個できるショウケの買い取り価格は2500 円。生業としては成立しないけれど、もはや手しごとは、おじいちゃんにとって食べる為ではなく、暮らしの一部としてずっとこれまで続けていたことを、ただただ習慣として死ぬまでやって生きたいのだということでした。

雨の日も風の日も、毎日作り続けたいのだという想いで桶を作っておられる熊野のおじいちゃんを思い出しました。死ぬまで続ける。それが、生き様なのだということ。


一方で、大分の若手職人、まっぽんさんが作るのは、現代の生活にあった竹のインテリア、鍋敷き、アクセサリーなど、おじいちゃんがつくる普段使いの製品とはちょっと違った繊細な加工が特徴で、おじいちゃんも興味津々。



そんなお二人の悩みは、昨今、いい竹がとれなくなってきているのだそう。
里山の整備がいきとどいていない放置竹林では、竹は密集し、太く丈夫に育たない。
さらには、ナタを通すスキマもなく、伐採ができないこともあるといいます。

いい素材をとるには、里山の整備からやらなくてはいけない。
アトツギがいないばかりでなく、良質な竹の材料も姿を消しているのでした。


山添村の古いおうちでは、玄関の土間に茶をわかすいろりが設置されている

この知恵と技は絶えようとしている。けれどこれを若い人が継いでいくにははたして1万円で売れるのかどうかという疑問にぶちあたる。

どうにか残したいというにはただ無力で、ただその手さばきを見ていたくて、暮らしの一部として手しごとがあった時代の職人たちの生き様を伝えることくらいしかできなくて...。

竹の間伐やら材料とりやら、せめて何かできることをお手伝いしていきたいです。

また、秋に材料となる竹切りと素材作りのお手伝いしてもらえる方を募ってゆこうと思います。



2017年6月10日

てしごとをたずねる旅:紺喜に学ぶ藍染めの服づくり

0 件のコメント :
「腐葉土を作るのと同じ、藍も草やから。」
紺喜のおじちゃんがスクモづくりと藍染めにかける想いを熱く語ってくれました。

この地で江戸中期から続く紺屋業、4代目の植西さんは80をこえ、跡取りはいないそう。廃業寸前の藍小屋でのらふくづくりにあつまる若者たちの姿がありました。



玉突きされたスクモは、まるでプーアール茶のように、堅くずっしり重い。そうか、腐葉土も、団茶も、藍染めのスクモも、植物の発酵物という点で共通している、そんなことに改めて気づきました。

藍の葉


すくも


「発酵したら熱があがるやろ。そしたら水をかける。乾燥させるために水がいるんや。」

乾燥させた藍葉は、100日かけて室で発酵した後、灰汁やふすまと混ぜて再発酵させ藍染め液は作られます。
寒い冬は、藍壷のバクテリアが風邪をひかないよう暖をたき続ける為、工房のまわりの壁や天井は真っ黒に。いとしみながら受け継がれて来た藍つぼをお借りし、のらふくを染めさせていただきました。また行きたい。



何度かつけるごとに藍色は深まってゆく

4回染めたあと

最後に、水洗いします。

一度干してから、さらに灰汁抜きのために30分水に浸すと色止めになるそうです。

完成です!!また染めにいきたい。

紺喜染織
住所:〒520-3201 滋賀県湖南市下田1530
アクセス:近江八幡駅からバスで約1時間

2017年5月3日

ならいごとの旅 in 台湾(12)ルカイ族の種取りと発酵に学ぶ民族の知恵

1 件のコメント :



二つの粟の家

屏東にある2つの「小米之家(粟の家)」を訪ねて来ました。ひとつは茂林にある天然の粟酒を仕込むルカイ族の家庭、そして、もうひとつは山地門からも近い禮納里にある災害復興支援に取り込むルカイ族のコミュニティ。どちらも偶然「小米之家」という名称で活動されていて、ひょんなことから、2つの家でステイすることになったのです。

ルカイ族の人口は約1万2千人で、大きく分けて台東に住む東ルカイ族、霧台の西ルカイ族、茂林の下三社族の3つに分けられるそうです。

36種類の粟のタネを保存しているという西ルカイ族の家庭「小米之家」がある禮納里は、3つの部落にパイワン族とルカイ族の2つの部族が共に暮らす複雑なコミュニティになっています。

というのは、88風災と呼ばれる民国88年(2009 年)に起きた大きな台風の被害により、3つの部落が壊滅的な被害をうけました。谷は崩れ、伝統的な居住区の石板屋の集落はなくなってしまいました。

台湾政府は、山に住む民に平地へ住むよう促し、もともとパイワン族能登地であった禮納里の土地に、3つの部落がともに暮らすようになりました。

3つの部落は、大社部落、瑪家部落、好茶部落、3つあわせて「大家好」(中国語でみなさんこんにちはという意味 )と呼ばれています。

小米之家は好茶部落にあるルカイ族のホームステイを受け入れている家庭で、災害復興のためのコミュニティビジネスに取り組む魯凱族産業発展協会理事長の李さんの実家。豊年祭などの祭事や婚礼時に奉納される粟を作る家庭で、禮納里の土地に移転してからは、小米祭を執り行う家なのでした。


はじめ、その協会と連絡をとっていたのですが、今回の旅をアレンジしてくださった屏東大学の先生に連れて行ってもらった先は茂林にある同じくルカイ族による同名の小米之家。禮納里の複雑に入り組んだコミュニティ構造と、まったく同名で活動されているお家が別の地域にあるという偶然が重なり、実際に到着するまで気づきませんでした。せっかく案内していただいたので1日目は茂林へ、その後の予定を1日づつずらし禮納里へ。2つの小米之家でステイすることに。


天然発酵の粟酒づくり
そんなわけで、偶然の縁でたどりついた茂林の小米之家は天然発酵の粟酒を作っているルカイ族のご家庭。残念ながら工房は山中にあり、月曜日と火曜日にしか現場にいかないとのことで、見学ができなかったのですが、昔から粟の酒をつくっているお母さんのお話を伺いました。





原住民の酒造りは、炊いた粟をメインに天然酵母で発酵をさせるのが習わしで、紅藜は発酵を促すスターターのような存在なのだそうです。街中で作ると、味が変わってしまうのだけど、水が奇麗な山で仕込むと、長く保存しても味がかわることがないといいます。


粟酒仕込み中の取材記事



畑を見せてもらうと、前日にパイワン族の集落で見たカラフルな藜とちがって、赤一色でした。なぜ、この畑には赤い藜しかないのか聞いてみると、いろんな色の藜がでてくるけれど、赤にこだわって紅色藜を選抜してきたとのことでした。赤色の紅藜は発酵によいのだと言っていました。

そこで謎なのが、麹を使っていない天然発酵ということ。屏東科学大学食品科学研究室では、そんな原住民の知恵を再現し、麹や酵母の実験をされていました。


この瓶は藜をスターターにしてパン酵母を起こす実験。ぷくぷく粟がたっていて、確かに発酵臭がしました。藜を加えずに、粟だけでもできるのか、次回は粟だけでやってみたいとお話してくれました。


原住民の酒は味が変わらないらしいとお話しすると、研究員の方も、実験室でも酸味が出てしまうのに、と驚かれていました。


「もしかしたら、その場所で長年かけてよい発酵をしたものを残し、悪い発酵のものを取り除いて来た積み重ねの歴史ではないか。そして山の中にある環境がすでにバランスのよい菌の生態系ができているのでは?」と研究員の小昱さん。

タネと同じで選抜を繰り返して来たからこそできる天然発酵。歴史がなければできない受け継がれて来た知識の結晶かもしれません。

ちなみに、麹には、いろんなタイプの麹があり、中国や台湾の伝統的な麹の作り方で、草をスターターにして採集する「草麹」とよばれる麹があるそうです。

台湾の餅麹



36種類の粟を保存する家


2日目は、禮納里にある災害復興支援に取り込むルカイ族のコミュニティへ。


<禮納里の町の構成>
大社部落 (パイワン族)174戸
瑪部落 (パイワン族)132戸
好茶部落 (ルカイ族)177戸

ルカイ族が住む好茶部落では、177戸のうち約30が「接待家庭」に登録しており、ホームステイを受け入れています。これは災害復興のひとつとしてはじまった交流プログラムですが、かなりすごい受け入れ率でまちづくりの勉強にもなります。




好茶部落では、愛称をこめて「脫鞋子部落」と呼ばれていますが、石板家の習慣では、玄関の前にある軒下のスペースが客間。石のベンチは、お客さんが座る場所です。

この協会には15名のスタッフが勤務していて、出身も、アミ族やルカイ族、パイワン族、平埔族とばらばら。どこからともなくギターをもって登場するむらびと、そしてスタッフの方が歌と踊りで歓迎の儀式をしてくれました。







協会の本部としてつかわれているのが、36種類の粟を保存するという「小米之家」でした。

小米之家は、結婚式や豊年祭で使う粟を生産する家庭。台風の被害のあとも、このおうちで祭祀を執り行うといいます。


理事長の李さんが説明してくれました


ここの老夫婦は、収穫前の1ヶ月は、畑の簡易宿所で泊まり込みで作業しているそうです。出作小屋が居住地から離れた場所にあって、収穫期は泊まり込みで農作業にあたるところはブータンに似ています。

私が訪問した時期は、ちょうど粟とタカキビ、紅藜の収穫時期だったので、おうちにはおられず、翌朝、スタッフの方が車で迎えに来てくださり、畑に連れて行ってくれました。


畑につくと、粟と紅藜がずらりと、美しく束ねられていました。




これまでに訪問した農家さんと比べてもかなり丁寧な仕事をされています。
祭祀用の作物をつくるということがどれほど根気のいる作業かがわかります。

おとうさんは少し日本語をお話しになりました。







「私たちのこと忘れないでよ。またきてよ。ほんとよ、きっとわすれないでよ。」

がっしり手を握り、熱い目で語りかけてくれたおばあちゃん。
ほんの1時間ほど一緒にいただけだったのに・・・。
なんとあたたかいひとたちだろうか。

芸術による被災地復興



異文化の背景をもつ3つの部落のひとびとが共生するこのまちで、各地からあつまったアーティストたちが災害復興支援にとりくまれていました。
壁画の作品がまちのいたるところに展示されていたり、木工作家や画家、芸術家が工房を構える。


開展準備中の紅藜の物語館



部落入り口にある生活工房の一角で、特に印象に残ったのが、大社部落のイーサン( Ethan Pavavalung)の工房。
自然をモチーフに原住民の精神性や文化を表現するアートが特徴的で、壮大な宇宙観を感じました。

霧台行きのバスをまっている間の少しの時間でしたが、お父さんが作られたというパイワン族の笛を演奏してくれました。越後大地の芸術祭にも出展されていて、来年も日本に来られるそうです。



台湾はよほどのリピーターでないと原住民の村を訪ねられる方は少ないかと思いますが、ぜひ、屏東も訪問してみてください。きっと、台北や台南にはない文化の多様性にふれることができるとおもいます。